ソリオ

タンクとソリオを徹底比較! 本当に選ぶべきクルマは〇〇〇だ!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

トヨタのタンクとスズキのソリオ、この2台は間違えようのないライバル車です。

販売台数を見ると、トヨタのタンクシリーズが月間1万2千台強と、スズキの4千台弱の3倍以上を売り上げる圧倒的な販売台数を誇っています。

では、トヨタは、スズキより良いクルマだから売れているのか?

フフフ…… 私は知っています。
そこをこれから一緒に見てゆきましょう!

 

はじめに

ソリオ HYBRID SZ 全方位モニター用カメラパッケージ装着車 ボディーカラーはピュアホワイトパール(ZVR)
↑スズキ ソリオ  引用:スズキ公式HP


↑トヨタ タンク  引用:トヨタ公式HP

兄弟車とは?

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
スズキのソリオとトヨタのタンクには、兄弟車が沢山あるんだ。 

スズキは、ソリオソリオバンディット三菱デリカD:2の3車が同じクルマです。

トヨタは、タンクルーミーダイハツトールスバルジャスティの4車が同じクルマです。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
これらは、OEM*という方法によって作り分けられているんだ。
*OEM

自社と同じ製品を他社のブランドとして製造すること。
クルマ、家電、食品などに多く見られる手法。
クルマ業界においては、自社のクルマの外装、車名などを変更して他社に供給することが行われている。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
大手スーパーのオリジナルブランドを他メーカーが作るのもOEMなんでしょ。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
そう。そして、クルマは特に開発に莫大な費用がかかるからね。OEMの形で費用をかけずに車種を増やして、さらに多くの顧客のニーズに応えようというわけなんだ。

では、クエスチョンです。
このソリオとタンクという2車種、どのメーカーで開発してどこで造っているのかご存じですか?

正解は……
スズキのソリオは、100%スズキで開発・製造しています。
そして、トヨタのタンクは、ダイハツが開発してダイハツで造っているのです。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
タンクはトヨタが造ってるんじゃなかったんだ!
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ダイハツは以前からトヨタの子会社だったけど、すでにトヨタグループの車両開発の重要な位置を占めてるんだ。

実質的な販売台数の比較

冒頭に、トヨタはスズキの3倍以上を売っている、とお話ししました。
しかし、トヨタの販売力はスズキよりはるかに強大なので、たくさん売れて当然です。
そんな比較、フェアじゃありませんよね。

公正を期すために、ソリオとタンク、それぞれの製造元であるスズキとダイハツだけの国内販売台数を比較してみます。

スズキとダイハツの国内総販売台数はそれぞれ87万台と65万台なので、販売規模はほぼ同じとみていいでしょう。
で、販売台数は……

スズキソリオ(含むソリオバンディット) 3642台
ダイハツトール             1511台
(2020/1調べ)

理恵(りえ)
理恵(りえ)
その比較、面白い! ソリオの方が倍以上売れてるじゃない!!

新車の値引きの裏技

 

ソリオとタンク、どういう成り立ちなのか

ソリオ HYBRID SZ 全方位モニター用カメラパッケージ装着車 ボディーカラーはピュアホワイトパール(ZVR)
↑スズキ ソリオ  引用:スズキ公式HP


↑トヨタ タンク  引用:トヨタ公式HP

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
 両車の関係を知るために、少し過去のいきさつを振り返ってみよう。 

2011/1   旧型ソリオ発売→人気が高まる
2014頃   ダイハツがソリオをターゲットにタンクの開発を始める
2015/8   新型ソリオ、満を持して発売
2016/11  トヨタタンク、遅れて発売

旧型ソリオはコンパクトカーの箱形というありそうでなかったジャンルで大人気となりました。
しかし、そんな状況を指をくわえて見ているトヨタではありません。

トヨタからダイハツに指令が出されました。
「スズキのソリオの対抗車種を造れ! 2年以内に! 」(私の想像です)

クルマの開発に2年というのは短かすぎる期間です。
しかし、ダイハツは頑張りました。

こうして出来上がったのがトヨタタンクのシリーズでした。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
物語としては面白いわね。
でも、結論が、「ダイハツの造った対抗車種はスズキを上回る素晴らしいクルマでした、パチパチ」とならなければ物語として完結しないわね。

さて、実際のところはどうなのでしょう。
いよいよ直接比較です!

新車の値引きの裏技

 

ソリオとタンク、徹底比較!!

ソリオ HYBRID MZ 全方位モニター用カメラパッケージ装着車 ボディーカラーはスピーディーブルーメタリック(ZWG)
↑スズキ ソリオ  引用:スズキ公式HP


↑トヨタ タンク  引用:トヨタ公式HP

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
これから、各項目ごとに判定をしていくよ。 

ボディサイズ

ソリオ 縦×横×高 3710㎜×1625㎜×1745㎜  重量950~990kg
タンク 縦×横×高 3715㎜×1670㎜×1735㎜  重量1100kg

このデータから読み取れるのは次の2点。

  • タンクが完全にソリオをマークしているのがバレバレなほど似通ったサイズでありながら、幅をプラス45㎜広くして居住性を稼いでいること。
  • ソリオの車重が150kgも軽いこと。

 

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
ソリオの軽さはちょっとしたセンセーションだったんだ。
ただ軽くするのでなく、良質な鋼板を使って、肝心なところはガッチリ造ってある。
だから、フィーリングが安っぽくなってない。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
安っぽくないというのは、このクラスでは大切ね。
宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
あと、タンクの幅広サイズは、多少大きく見せるのに効いてる程度かな。逆に、狭いソリオは市街地の取り回しに優れる結果となってる。

この項目、サイズ感はイーブン。
車重は、軽いのにしっかりしているソリオの圧勝。

居住性

前席の居住性は両車ほぼ同等。

ソリオの前席足元の開放感は圧倒的。
タンクは、小柄な女性がシートを前に寄せたポジションを想定してか、ハンドル位置が前の方にある設定。大柄な男性がシートを後ろにするとハンドルが遠い。ハンドルの前後調整は出来ない。

後席のシートはソリオが厚めで柔らかいのに対し、タンクは座面が平板で薄い。このため、客人をタンクの後席に乗せると、安っぽい印象を持たれかねない。

フロアの高さ、リアスライドドア開口部の広さは、ソリオの方が低く広く、乗り降りしやすい。

この項目、ソリオの勝ち!

積載性


↑スズキ ソリオ  引用:スズキ公式HP


↑トヨタ タンク  引用:トヨタ公式HP

荷物室は、それぞれの個性が出ています。

タンクは後席の凝った畳み方のおかげで床面が低く広くかなりフラット。
畳む手順は少し面倒ですが、頻繁に使う機能ではないので問題はないと思われます。

ソリオは簡単に畳めるかわりに,高さと広さは普通。

よって、荷室の広いタンクの勝ちとします。

乗心地

ソフトなソリオに対し、少し硬めのタンク
つまり、街中の用途ではソリオが快適、山道などの安定感ではタンクとなります。

そして、タンクの後席は薄いシートの硬さもあって、あまり快適とは言えません。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
こういうクルマは山道を飛ばして楽しむわけではないんだから、街中で快適な柔らかめの乗り心地の方がいいわ。

この項目、理恵さんのジャッジによりソリオの勝ちのようです。

ここで、車内の様子と乗り心地のわかる動画をご紹介します。

静粛性

タンクは明らかに静粛性にまで手が回っていないようです。
エンジンノイズ、路面ノイズ共、よく聞こえます。
これに加え、ゴツゴツした乗り心地なので、クルマ全体が安っぽい印象を与えます。

ソリオの騒音に関しては問題がありません。

この勝負、タンクのオウンゴールによりソリオの勝ち。

燃費

中心車種である次の2モデルを比べます。

メーカー発表燃費実際の燃費
ソリオMZ(マイルドハイブリッド)27.8km/L20~25km/L
タンクG-T(ターボ)21.8km/L15~19km/L

ソリオのハイブリッドは簡易型とはいえ、燃費には効いています。
両車の低価格グレードではメーカー発表燃費24.5km/L程度とほぼ同じです。

しかし、売れ筋グレードでは明らかにソリオが良好であり、この勝負もソリオに軍配です。

動力性能

ここでも中心車種である次の2モデルを比べます。

最高出力最大トルク
ソリオMZ(マイルドハイブリッド)91ps/6000rpm12.0kg・m/4400rpm
タンクG-T(ターボ)98ps/6000rpm14.3kg・m/4000rpm

数値で見るとタンクが有利に見えます。
ところが、タンクのエンジンは、ターボなしのモデルだと非力、ターボ付きだと、力はあるが低回転で力不足である上に大きなノイズが発生する、という運転しにくいものです。

ソリオのマイルドハイブリッドエンジンは、クルマの性格に見合った、素直な使いやすいエンジンに仕上がっています。

エンジンはクルマの性格を左右するほど重要なものですが、ここでもバランスの取れたソリオが文句なしの勝ち点を獲得しました。

走行性能

両車のプラットフォーム(車台)の設計は、タンクが従来のパッソ(2004~)からの流用なのに対し、ソリオは新設計のもの。

タンクが重いボディをうまく御しきれていないのに対し、ソリオは軽量設計によるバランスのとれた動きをします。
いずれにしても、背の高いクルマですからカーブなどでは不安定になりやすく、それなりの運転を心がけるべきでしょう。

両車の比較では、ここでもソリオがすぐれていると言えます。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
やだー。タンクちゃんボロ負けで、もう見てられなくなってきたー。

高速走行・長距離

性能に余裕があるソリオが中高速はラクです。
疲労感は両車大差ないようです。
この2車は、長距離を走れる最小のクラスと言えるかもしれません。

ここは僅差でソリオが勝ちました。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
……  タンクちゃん、頑張ってぇー。

安全・快適装備

緊急ブレーキは、両車上位グレードに標準装備されています。
サイドエアバッグは、ソリオが最下位グレードを除く全車標準装備なのに対し、タンクはすべてのグレードにオプションとなります。

この点でも後発のはずのタンクは後手に回っており、ソリオに一票が入る結果となります。

デザイン・イメージ

ソリオ HYBRID SZ 全方位モニター用カメラパッケージ装着車 ボディーカラーはピュアホワイトパール(ZVR)
↑スズキ ソリオ  引用:スズキ公式HP


↑トヨタ タンク  引用:トヨタ公式HP

デザインのクオリティは両車大差なく見えます。
サイドビューはタンクが多少煩雑です。
リヤビューは両車共に煩雑です。

いずれにしても、シャレたディテールは皆無です。

外観から受けるイメージもとても似通っています。
軽自動車と同じ価値観を持っていて、「立派に見せよう」という魂胆(失礼)が見え見えで、逆にそれがイタく思えるのは私だけでしょうか。

この判定はイーブンとさせていただきます。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
 昔のイタリアにはこんなクルマがあったんだぜ。
時代が違う、と言えばそれまでだけど、この楽しい雰囲気と、デザインが時を経ても色あせていない点は見習って欲しいな。
理恵(りえ)
理恵(りえ)
ブサカワなデザインだこと。でも、ピクニックテーブルが似合いそうな、ワクワクした華のある雰囲気は伝わって来るわ。

価格

ソリオ  1,486,100円~2,272,600円  売れ筋:MZ  1,991,000円
タンク  1,490,500円~2,046,000円  売れ筋:G-T 1,837,000円

リセールバリュー(売るときの査定額)は、
トヨタブランドの強みで、タンクが有利である可能性が高いでしょう。

この勝負、ソリオがハイブリッド主体であることを考えると、役者が一枚上手のような気がしますが、トヨタの値付けのうまさもサスガではあります。

この判定は、読者にまかせる、という意味で引き分けとします。

理恵(りえ)
理恵(りえ)
あーっ、終わっちゃったじゃないー。次、判定なんだから。
タンクちゃん、顔色ものすごく悪いよ。

判定

判定は、ソリオ対タンク、9対1、3引き分けでソリオの圧勝となりました。
予想通りとはいえ、後出しジャンケンのタンクがこれほどコテンパンにやっつけられるとは驚きです。
どうしてこんなことになったのか、このあと少し考えてみたいと思います。

新車の値引きの裏技

 

番外編 クルマを所有するということ

インパネ。視界が良いセンターメーター
↑スズキ ソリオ  引用:スズキ公式HP


↑トヨタ タンク  引用:トヨタ公式HP

近年の日本車は、出来合いのパーツの単なる寄せ集めである、と一部に危惧する声があります。以前、メーカーのエンジニアの話としてカーグラフィック誌に紹介されていたので信ぴょう性があります。

例えばAというクルマを造るにあたって、コンセプトやデザインを決めるかたわら、主要部分は、メーカー手持ちのパーツ(エンジン、ブレーキ、足回り、ミッション、プラットフォームなど)の中から良さそうなものを持って来て組み合わせます。

その結果、それぞれのパーツが絶妙のマッチングを見せる……というわけにはゆきません。まとまりの良さに少し欠けます。出来上がるクルマは没個性の、どこにでもあるようなものになります。

もちろん、現代のマスプロダクションは、それが正義かもしれません。
各パーツは使用実績のある信頼性にすぐれたものなので、壊れない日本車としての名声をますます高めることにはなります。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
 トヨタのタンクというクルマはまさにその典型だね。良く出来ているけれど、乗ってみて、味わいも深みも感じられないよ。 

これに対し、スズキのソリオは、メーカーの心意気をビシビシ感じられるクルマになっています。それもそのはず、プラットフォーム(車の台車部分)は、ソリオのために新設計されたものですし、エンジンのラインナップにも、クルマに合った工夫がなされています。軽量化の試みも、普通ならそこまでやらなくてもいいほどの徹底したものです。

こうした努力とクルマに対する情熱が、微妙な差となって先ほどの判定に結び付いたものと思われます。

どうせクルマを所有するなら、心意気のあるクルマを!
クルマに対する愛着の度合いも変わって来るものと思われます。

新車の値引きの裏技

 

まとめ

クルマを買う、ということは、情報過多のご時世ゆえの難しさがあるように思います。
様々な情報が得られるがゆえに、迷ってしまう……。知らなくてもいい欠点も明らかになってしまう……。

ここでは、できるだけ簡潔に、整理した情報をお届けするよう気を配ったつもりですが、いかがだったでしょう。

「物語」を振り返ってみると、次のようになります。

  1. スズキソリオの売れ行きに注目したトヨタ連合は、ダイハツに対抗車を造らせることにした。
  2. 2年という短期間でタンクを造りあげることはできたが、実は旧式のプラットフォームを使った2番煎じのクルマだった。
  3. ところが、さすがトヨタの強大な販売網、コンパクトクラスの大人気車に押し上げることに成功した。

 

物語はまだこれからも続きます。

2019年秋、スズキはトヨタと資本提携を結びました。
次回のフルモデルチェンジで、両車の関係はどのようなものになっているのでしょうか。
さらに、他のメーカーまで進出して、「箱合戦」が熾烈になるかもしれません。

新しいトヨタ連合の健闘に期待するとともに、トヨタという資金源を得たスズキには、さらなる高みを目指して頑張っていただきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット