ダイハツ

新型タフトの最重要の魅力ポイントをご紹介。ハスラーとどっちが勝ち?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。

一括査定サイトを使うことで、大手買取業者の最大 10 社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

このサイトを活用し愛車の下取り価格を上げることで、実質、値引き額が大きくなったのと同じことですから。もう、ディーラーの値引きに悩むことはないですよ。

※買取業者1社のみに査定してもらうのは危険です。相場を知らないとかなり安い値段で叩かれます。私は最初の業者に85万円という値段で足下を見られました。
(興味のある方はこちら→【体験談】噂の一括査定を使ってみたら、こんなことに…。)

なので、必ず複数の買取業者に依頼することをオススメします。

→その場(スマホ)で30秒で愛車の価値を調べてみる。
→今だけ、10万円もらえるキャンペーン中!

無料一括査定はこちら

ダイハツが我らがスズキの『新型ハスラー』ガチンコ勝負をかけてきたモデルがダイハツ「新型タフト(TAFT)」です!ハスラーのフルモデルチェンジの半年後に満を持してダイハツが出してきました!ハスラーよりもよりオフロードの走破性を高めドライブプレジャーを追求した車です。外観は男前のメッキが似合うジムニーやジープと対抗するようなマスクです。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
スズキ好きでも心が惹かれる

今回は、新型タフトの大きな特徴とハスラーとの比較をご紹介していきます。

開放感がすごい新型タフトの天井ガラス『スカイフィールトップ』

ダイハツタフトの一番の売りがこのサンルーフではなく『スカイフィールトップ』です!固定されたガラスで開くことはできません。

引用:ダイハツ公式HP

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
日本では人気のないガラスルーフ、太陽の少ないヨーロッパでは人気があるけれど
理恵(りえ)
理恵(りえ)
解放感はありそうだけど日焼けが心配ね
子ども
子ども
前の席だけで後ろの天井にガラスは無いの?
営業マン
営業マン
ガラスルーフは前席だけとなります。タフトのコンセプトは前の席のドライブプレジャーなのです。でも後ろの席からも空はきれいに見えますよ。

日焼けの心配はありません。スーパーUV&IRカット機能が付いています。どうしても日差しがきつい時はガラスを覆うシェードも装備されているので安心です。

タフトは全グレードに『スカイフィールトップ』が標準で装着されています。オプションではありません。ダイハツのガラスルーフへのチャレンジの心意気を感じます。

ダイハツ公式のサイトを見るとスカイフィールトップの魅力が凝縮されています!開放的に空を見ながら過ごせるのは快適に違いありません。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
思わずダイハツで試乗してきたけれど、解放感はハスラーの負けだ
理恵(りえ)
理恵(りえ)
そうね、空の青さが素晴らしく綺麗だったわね。お昼の12時の炎天下でもガラスの近くが暑いくらいで車内は快適だったわ

ダイハツ公式の動画もどうぞ。

タフトのDNGA

タフトにはDNGA (Daihatsu New Global Architecture:ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の思想が折り込まれています。「良品廉価」「最小単位を極める」「先進技術をみんなのものに」という3つの価値にこだわって製造された自動車がタフトです。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
フレームの根幹となるプラットフォームからエンジン、トランスミッション、サスペンションまで同時に刷新されている
理恵(りえ)
理恵(りえ)
私も快適に運転できそうだわ

モータージャーナリストの、五味康隆さんの『タフト』のインプレッション動画ですは走りの良さを絶賛です!

ハスラーも運転は快適ですが、全てを見直したタフトにはドライブプレジャーでは負けそうです。運転席をコクピットと呼ぶあたりから違いますね。

タフトのフルフラット

タフトの車内のスペースはどうでしょう?

タフトは前の席の運転の快適性と後ろの荷物を自由にたくさん置けるところが売りです。『バックパック』スタイルと呼んでいます。

フロントは操縦席と呼んで良いほどのがっしり感。助手席とはウォークスルーもできません。電気式パーキングのスイッチが設置されてるためです。パーキングブレーキはハスラーの左足踏み込み式に比べて電気スイッチなので洗練されています。

リアはシートを倒してフラットな荷室が売り。様々なスタイルで長いもの、立てておきたいもの、汚れたものを置けるようになっています。この点はハスラーとほぼ同等です。

引用:ダイハツ公式ページ

フルフラットにはできますが後ろ半分と前半分の段差がかなりあります。

こちらの動画ではタフトのシートにかなり分厚いクッションを置くことで無理やりフルフラットにしてみます。

宏樹(ひろき)
宏樹(ひろき)
室内のフルフラットはハスラーの勝ち!
理恵(りえ)
理恵(りえ)
室内はハスラーの方が広く感じたわ、タフトはがっしりしていて女子受けは悪そうね

まとめ

ダイハツ『新型タフト』vs『新型ハスラー』、は空が見える解放感はタフトの勝ち、室内を広く感じる解放感はハスラーの勝ち です。

ドライブプレジャーの洗練度はタフトの勝ちで、フルフラットのスタイルはハスラーの勝ち!

スズキの『新型ハスラー』も新たなガチンコのライバルの出現でよりいっそう注目度が上がりアップグレードが進むことに期待です。ハスラーにもガラストップが付く日も遠くないはず、期待してます。

新車をお得に買い換えるコツ! (34万円UP)

新車を買い換える際、自分の愛車を下取りに出そうとしていませんか?

ちょ、ちょっと待って!
それ、損しているかもしれません!

自動車をお得に買い換えたいなら、まずは一括査定を試すべきです。

私がいとこの86(スポーツカー)を代理査定したところ、ディーラーでは98万のところが、買取業者では132万になりました! 34万円の利益が出ました。34万あれば、ワンランク上の自動車を購入したり、ちょっと気になるオプションをつけることだってできます。

コツは複数の買取業者を争わせることです。どの業者もライバル業者を意識せざるおえないので、相場より高い売却値段を提示してきます。

僕らは、その中で一番高い買取価格を提示した業者と契約するのです。そして、手に入れた売却金額を新車購入の足しにするのです。新車を相場より安く購入するには、これが一番早いです。

さらに、お得に新車を買いたい方はこちらの記事も合わせてご覧下さい。
99%の人が知らない値引き交渉の裏技まとめ! そこには恐ろしい真実が….。

ネットで賛否両論の一括査定の真実を知りたい方はこちらもどうぞ。
【体験談あり】噂の一括査定を試したらこんなことに・・・。

一括査定を利用したほとんどの人が平均20万以上お得に愛車を手放しています。
そのために使った労力は、たった5問程度の(30秒で終わる)簡単な質問に答えただけ。

 愛車を最高額で売る

>> 一括査定サイトならズバット